太陽光発電

太陽光発電とは

 

 

今テレビのCMなどでよく耳にするようになった「太陽光発電」とは、家の屋根の上などに太陽電池を設置し、太陽の光から電気を作り出すものです。太陽電池で作られた電気は、家庭で使用することができます。そして、余った電気は、電力会社が買い取ってくれるという仕組みになっています。

 

太陽光発電であれば、電気を作る際に二酸化炭素も発生しないし、排気ガスや騒音もありません。とても環境に優しく電気を生み出すことができるのが特徴です。太陽光発電は、環境に優しく、エコブームの今とても話題になっています。

 

男性

ここまで太陽光発電が注目されるようになった背景には、深刻な環境問題があります。日本だけでなく世界中で未来の地球を考えて、環境問題に取り組んでいます。日本でも、エコカー減税などからわかるように、積極的に環境問題に取り組み始めています。

 

そのために、環境に配慮する生活へと見直しが進んでいます。環境問題の中でも、一番深刻なのが地球温暖化です。今後も地球温暖化が進んでいくと、海面が上がり、生態系だけでなく自然環境全体に様々な影響を及ぼし、異常気象が発生します。やがては、人間社会へも悪影響を及ぼしてしまうと想定されています。その対策として国が推奨しているものの1つが、「太陽光発電」なのです。

 

太陽光発電には、国で補助金制度が設けられています。これはエコカー減税と同様、申請期間が設けられていますが、予算に達してしまうとその時点で打ち切りとなります。国の補助金制度の他に、「固定価格買取制度」も新たに始まりました。

 

固定価格買取制度とは、導入時期の月々の電気の売価が10年間固定されるというものです。また地方自治体ごとに、太陽光発電の補助金制度を設けている場合もあるので、調べてみましょう。

 

太陽光発電のメリット

光熱費を大幅に節約できる点です。さらにオール電化の家であれば、太陽光発電で作られた電力で、家庭で必要な電力をまかなうことができるので、増々お得なのです。

 

さらに電力が余った場合には電力会社に買い取ってもらえるので、ちょっとして収入を得ることも可能です。

 

その他のメリットが発揮されるのは、災害時です。地震や台風などで停電になってしまっても、太陽光発電があれば昼間作られた分の電気を使用することができます。

 

また、太陽光発電パネル設置と一緒に取り付けられる「電力モニタ」によって、常に電気の使用状況などが見えるようになっているために、省エネに対する意識が高まり、環境問題に積極的に取り組むようになるようです。

 

太陽光発電のデメリット

太陽光発電設置時の初期費用がかかるというのが最大のデメリットです。一般的に200万円前後の初期コストがかかると言われています。今は国や自治体から補助金が出ますが、全額賄えるわけではないので、やはりコスト面のデメリットは大きいでしょう。

 

ただし、初期投資だけしてしまえば、その後は、年間20万円前後の利益が生まれることや環境に優しいことを考えると、太陽光発電は魅力的なものだと思いませんか。